予備校ですること | 名門大学の医学部に入学するには、予備校選びも肝心!

予備校ですること

卒業

予備校では、あなたにピッタリのカリキュラムで進めていくことになります。
なので、みんなで一緒に授業を受ける、ということはありません。
生徒全員が同じペースで進んでいるわけではないので、授業をしても意味が無いのです。
同じ授業を受けても、分かりきっている人もいれば、全くついていけていない人も出てきます。
一番出来ない人に歩幅を合わせていたら、出来る人が損をしてしまいます。
みんなが自分のペースで医学部入学という夢に近付いていけるように、それぞれが独自で自習をする形をとっています。
そもそも、学校ではみんなが同じ授業を受けているので、学力に差が出てしまうのはその人自身の勉強の方法が間違っていることが多いのです。
ノートを綺麗に取ることに必死になりすぎて授業を聞いていない、逆に聞くのに必死になりすぎてノートを全く取っていない、など授業を受けている最中の姿は人それぞれです。
勉強法もその人に合ったものがあるので、その方法を見つけるのが予備校の役目でもあるのです。
いい勉強法を見つけ、その方法で医学部受験対策をするのです。
そうすれば、受験まで時間がない人でも濃密な時間を過ごすことが出来るようになります。
なので、まずは知識を詰め込むよりも自分に最も合う勉強法を見つけましょう。
そのヒントを予備校の講師が教えてくれるので、いいと思ったものはすぐに吸収し、実践してみるようにしましょう。